ズボラリアンDIARY

ずぼらーな30代主婦の備忘録。

のり醤油でたまごかけごはんの楽しみ

のり醤油でたまごかけごはんの楽しみ

専業主婦や在宅ワークをしている主婦のお昼ごはんは、夕食やお弁当の残り物が多かったり、なかなか質素な場合が多いのではと予想しています。

 

子どもがいるかいないかで変わってきそうですが、私はいないこともあってより適当です。料理がそんなに好きではなく、レパートリーも少ないので、一度ハマると飽きるまで同じメニューということも。

 

定期的に大好きになるのが、たまごかけごはん。定番メニューですが、一時期ブームになって、専用の醤油も色々なお店・メーカーから発売されていますね☺︎

 

今使っているのは、岡山県倉敷市にある串カツ屋さんくし亭の「揚げ物屋さんのたまごめし専用のり醤油」です。

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160830165422j:image

のりの風味が特徴のだし醤油+醤油さしのセットで1000円でした。

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160830165432j:image

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160830165443j:image

醤油さしはほかの用途に使おうと考え、だし醤油は瓶からそのまま使っています。醤油さしの使い道として、にんにく醤油か大葉醤油かを作る瓶にちょうど良さそう!

 

のり醤油の購入場所|mtファクトリーツアーのサポートショップ

こちらの醤油セットは、2016年4月に倉敷にあるカモ井加工紙主催のmtファクトリーツアーへ参加したときに購入したものです。

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20161003180121j:image

mtファクトリーツアーは、マスキングテープ老舗「mt」の工場見学で、限定マスキングテープが買えたり、色々な特典があるので、マステマニア達が集う年に1回の人気イベントです。

抽選制(倍率は高い)で工場見学自体は無料ですが、行くと絶対に数万円は使ってしまう沼イベントでもありますw

 

mtサポートショップという協賛店で、一定額以上の食事や買い物をし、ファクトリーツアーのチケットを提示すると、ノベルティとしてそのお店オリジナルのマスキングテープがもらえる仕組み。

 

醤油を買った「くし亭」さんもサポートショップでした。それぞれに条件があり、「くし亭」さんでは、mtファクトリーツアー者用のセットメニューか醤油セットの購入が条件でした。

今回は夕食を食べたあとだったので、醤油セットにしました。もし次に行くなら、くしカツ食べたいなぁ~!

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20161003180130j:image

mtファクトリーツアー自体はまた来年もあるかと思うので、興味のある方は来年mtのサイトをチェックしてみて下さいね~♪

 

たまごは新鮮でちょっと良いモノを選択

ブログ記事にするのがうっかり遅くて期限が切れているように見えますが、9月のはじめには使い切っているので大丈夫です(笑)

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160830165501j:image

6個で198円と少々お高めですが、兵庫県の自然豊かな場所でその日の朝採れた卵が食べられるというのに惹かれて。

実はそれほど卵を消費しないので、使いきれないことがあるんですよね。卵焼きがいつまでも下手くそで自分でも笑ってしまう。

 

たまごかけうどーん♪

タイトル上ではごはんですが、冷凍うどんがあったのでうどんにかけちゃいました。というかこれは、釜たまうどんですね。

しかも案の定というべきか、割るのに大失敗してしまったので、もう1個追加!

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160830165512j:image

冷蔵庫にあったからし明太子+わさびをのせ、この上からだし醤油をかけてよく混ぜて頂きました。失敗のしようがないので美味しかったです。

 

たまごかけごはんに合うだし醤油は、ほかにもおひたしやお刺身の漬けに使っても美味しくとても使いやすいと感じました。甘みが優しくて、またほかにも色々試したいですね。