ズボラリアンDIARY

ずぼらーな30代主婦の備忘録。

マスキングテープでKITTA(キッタ)風フレークシールを手作りする

マスキングテープでKITTA(キッタ)風フレークシールを手作りする

長さ5cmに切り揃えたマスキングテープです。目新しいものではないですが、最近これを作るのになぜかハマってしまって大量に完成しました。

写真はほんの一部です(笑)

KITTA(キッタ)は、キングジムさんが高木学園女子高等学校の女子高生19名とコラボした、切れてるマスキングテープ。アイデア商品ですね。

公式サイト:ちいさく持てるマスキングテープ「KITTA」 | キングジム

 

キッタが発売になる前から、似たものを自作している人はたくさんいたと思います。フリマアプリでも、かなり以前から「マステフレークシール」として出品されていますね。

 

マスキングテープが今のように可愛くなる前から、布やあじがみ(海外の昔の本などちょっと味のある紙)のウラに、両面テープを貼ってシールにしたものを販売している方もいました。

 

マステ素材には、貼ってはがせる性質があるので、より活用の幅が広がりますね。私はフレークシールといえば、手帳やノートに使うため、形に添って切るのが好きでそればかり作ってストックしていました。

見出しに使ったり予定を書き込んだりする場合には、その都度切って使っていました。

キッタ発売後しばらくしてから無地のプレーンという種類を買い、その便利さに気付いたんです。幅15mm長さ5cmという統一性があると、こんなにも使いやすく、可愛く感じるんだなと感心しました。

 

また、最近の素敵便・交換便トレンドは、おすそ分けファイルという、厚紙などを組み合わせてファイルを作り、ふせんやメモ、シール、マステ巻き巻き等を詰めたハンドメイド品のようです。


そういったちょっと凝ったものは考えつかないし作れないので、器用だなぁと思いつつ色々ググっちゃいました。

持ち運びするときにも可愛いと思いますが、私はずぼらーなのでジッパーや適当なポーチに色々詰めて使うほうが気楽でいいです(笑)

 

おおかた予想通り!?な作り方

材料は手持ちのマスキングテープと、いつも愛用しているキャンドゥのクッキングシートを使いました。

マスキングテープは、mtなど日本製で粘着力がしっかりしているものがやはり作りやすいです。

海外のものは一部剝がれやすく分離してしまった種類もありました。

 

1.クッキングシートに、まっすぐマスキングテープを貼り、5cm幅に印をつける。

クッキングシートの幅が20cmなので、1列で4枚ずつ作れる計算です。

 

クッキングシートの箱が紙刃なので、中身が少なくなるとずれたりガタガタに切れて無駄遣いしてしまうのが悩み(;´∀`) ハサミで切ればいいんですけどね…

 

ダイソーのクッキングシートが25cm幅で少しお得だったので、今度買って相性を確かめてみようと思っています!

 

2.目印を目安にしてハサミでカット。

 

3.要らない余白部分を切り取って出来上がり。

少し余白ができたほうが使いやすいです。

書き込み、デコレーション両方に使える無地で作りました。mtのパステルカラーは少しマットな質感ですが可愛らしい色合いですね♪

 

 

 

マステフレークシールに向いている柄

上記の無地以外では、チェックやドット柄が作ってみて活用しやすいと感じました。

イラストが並んでいる柄よりも、パターン柄が短くカットしたときには良い雰囲気です。

これらの柄はもう在庫限りだと思います。

フレークシールを自作した感想 

 メリット

  • 好きな柄で作れる
  • 好きな幅、長さが選べる
  • 安く量産可能
  • カットすると可愛いので楽しくなる
  • なかなか減らないマスキングテープの消費ができる

 

デメリット

  • 1枚1枚がバラけてしまう
  • 疲れる
  • とにかく疲れる
  • 途中でかかる手間を実感

 

たくさんマスキングテープを持っているなら作ったほうが得&楽しいです。疲れますが楽しくもあり、熱中して作ってしまいました。

 

持ち運ぶ(携帯)ときはチャック袋に入れています

セリアで購入したマイメロディのチャック付き袋は、ヨコ型なので収納用としてぴったりでした!

3サイズ中、真ん中のミニサイズ(幅100mm・チャック下縦70mm)で横に5列入ります。

ドットやストライプ柄などベーシックなものと、限定柄、無地と分けました。

 

あまりマスキングテープを持っていない、使いきれなさそうで丸ごとは要らないかなぁ、という方にはKITTA(キッタ)が試し使いにも適しています。

可愛いので私も先月ついまとめ買いしてしまいました☺︎

 

大人気商品なので、また新しいデザインが追加になっています。収納に困らないマスキングテープですね。